フリマ出店【滋賀のデザイン会社:スタッフ日記7.09】

週明け、いいお天気ですが、暑くなりそうです。
週末の日曜日、フリーマーケット(フリマ)に出店してきました。
ひこねエコマーケット「夢畑」、不要品をスタッフで持ち寄り、一区画で申し込みました。
ほぼ毎月、開催されているんですが、今回の会場はお城の近くにある大手前公園でした。

車を区画に入れて、品物を並べるだけですむので(搬入しなくていい)ので楽です。
なるべく全部の品物が一目で見やすいように通路を確保しながらシートを広げました。
本、衣服、雑貨、レジャー用品などなど食品などの生もの以外ならなんでもOK。
やっぱり季節ものパラソルなんかは一番に売れていきました。
家の中にしまいこんでいたものが、誰かのもとで再び役に立つと思うと嬉しいですね。
リサイクルやエコを実感できるのがフリマの楽しさの一つ。

d0182742_10295378.jpg

シンプルで素朴な店構え↑
d0182742_10302490.jpg

10時から営業?ですが、品物を並べている途中でも売れてバタバタ。
値段交渉OK!  意外な使われ方を聞いて、なるほど〜。
見知らぬ人との会話するのもフリマの楽しさの一つ。

こんなもの売れるかなっていうモノが売れてびっくり。
これは絶対売れるだろうってモノが売れ残ってなんでかな。
ある人にとっては不要なモノが、ある人にとっては必要なモノ、
そのピンポイントがフリマの楽しさの一つ。

ピークは午前中、過ぎた頃に他のお店を見て回ります。
子ども用品のお店が多かったです。成長期の子どもの服やおもちゃなんかはフリマで買うといいですね。
常連の方はテントを立てたり、並べ方やディスプレイを創意工夫されてました。
中には手作りの小物だけを並べる小さな雑貨屋さんみたいなお店もありました。
えー、そんな値段でいいの?っていう掘り出し物を見つけるのもフリマの楽しさの一つ。

当日は曇から晴れ。少し暑い時間帯もありました。お客さんが多いのか少ないのか、分かりません&
創意工夫がない店構えでしたけど、そこそこ売れたと思います(^^;)
最後にちょっとしたおこづかいが出来るのが、フリマの楽しさの一つ。

参考までに、ひこねエコマーケット「夢畑」の案内です。
■出店料金:500円
■申込方法
1)直接リサイクルステーションで申し込む。
2)往復はがきの往信の裏面に住所・氏名・電話番号・出店品目・人数・出店希望日を
返信の表面に郵便番号、住所、氏名を書いてリサイクルステーションまで。
■お問い合わせ
リサイクルステーション 〒522-0088彦根市銀座町4-19 
☎0749-26-4810(日・木曜日以外の10:00~16:00)

ということで、お仕事の方は(!)創意工夫で頑張りたいと思います。

<滋賀のデザイン会社:フリマ久しぶりスタッフN>
[PR]